フレッツ光

フレッツ光の解約や料金そしてwi-fiについてユーザーが解説します。

フレッツ光は夜間に速度低下する?

 

フレッツ光は夜間に速度が低下する?

 

そのような噂を聞いたことがあります。

 

これには原因の切り分けが大切になってきます。

 

夜間というのが20:00 - 24:00のいわゆる一番通信の使用量が多い時間帯にだけ遅くなるのか、それとそれ以外でも遅いのかです。

 

20:00 - 24:00に限らず遅いという方は別の要因が考えられるので、そういう場合は以下過去記事をご参考ください。

 

fletshikarimaniash.hatenablog.com

 

 

さて、20:00 - 24:00の夜間だけ速度が低下するという場合はプロバイダが怪しいですが、本当にプロバイダが原因なのかを調べましょう。

 

以下NTTのサービスでフレッツ光のスピード測定が可能です。

 

■NTT東
『接続・設定方法』の『かんたん!サービス情報設定サイトナビ』を選択して下さい

http://flets.com/customer/service/square.html


■NTT西
『ご利用の通信速度を把握する(速度を測定する)』の『速度測定サイト』を選択して下さい
https://flets-w.com/support/service/next/sokudo_kaizen/

 

 

もしもスピードが数十Mbps出ているのであれば、やはりフレッツ光には問題がなくその先のプロバイダが疑わしいです。

 

この測定で数百Kbpsなどしか出ていないのであれば、フレッツ光が遅いのでサポートに連絡をしてみましょう。

 

 

さて、プロバイダが遅いと分かった場合、考えられるのは大手のプロバイダほど夜間は遅くなるということです。

 

通常ネットを使う場合は以下のようなプロセスになっています。

 

家 → NTT地域IP網 → プロバイダ → インターネット

 

このNTT地域IP網からプロバイダに繋がる瞬間がポイントになります。

 

もしもユーザーの多いプロバイダの場合、夜間になると一気にユーザーがプロバイダにアクセスすることになります。

 

そのため回線が混雑し、夜間は速度が低下してしまうんですね。

 

 

ということは・・・あまり人気のないauやオープンサーキットなどのプロバイダにすると、あまり夜間に遅くなる現象は発生しにくいと言われています。

 

まぁ、その分真剣に光回線のビジネスをしていない会社なので、月額料金が少々割高になってしまうのがネックですが・・・

 

フレッツ光で夜間に速度低下するという方のご参考になれば幸いです。

 

フレッツ光のモデムのコンセントを抜くと?

 

 

フレッツ光のモデムのコンセントを間違えて抜く行為をしてしまった方も多いと思います。

 

間違えてお子さんが抜いてしまうこともありますよね。

 

そしてその後wifiが繋がらなくなってしまう・・・

 

 

こんな時の対処法について調べてみましたので、慌てず対処してみてくださいね。

 

 

①パソコン、wifi、モデムすべての電源を落とす。

wifiルーターとモデムの電源を落とす場合、特に電源ボタンはないので、そのまま大胆にコードを抜けばいいです。

 

②まずはモデムのコードを繋ぎ、ランプが安定するのを待つ

 

③次にwifiルーターのコードを繋いでピカピカしているランプが安定するまでそのままにする

 

④最後にPCの電源を入れて立ち上げる。

 

 

この方法でWiFiが再び繋がることがほとんどですが、試してみてください。

 

ポイントは順番に電源に近い側からつけていくというフローです。

 

 

 

フレッツ光は引越しで工事不要になる?

 

引越し先でフレッツ光の工事が不要になるケースはあるのでしょうか。

 

調べてみたところ、もしも以前住んでいた住人が光コラボやフレッツ光を契約していた場合は無派遣の工事が適用されます。

 

但し、無派遣なのですぐにネットが繋がるという訳ではなく、壁からでている光コンセントや電話線の口と接続するためのONUというデバイスがNTTから送られてくるので、それを繋ぐ作業が必要になります。

 

ONUが届いたらすぐに接続して電源を入れれば通信環境の出来上がりです。

 

これが無派遣工事と言われていて、工事費は2000円で済みます。

 

 

 

ですが、派遣工事が必須になるケースの方が多いので、そのパターンも見ていきましょう。

 

①その部屋で初めてネットを使う

 

引越し先のマンションにマンションタイプの設備が導入されていていも、部屋で初めてネットが使われる場合は派遣工事が必要になります。

 

②前の住居人の解約し忘れ

 

これがやっかいなのですが、前の住人の解約し忘れがあると派遣工事でないと受け付けてくれません。

 

費用的に無派遣が言い方は前の住人が解約するのを待つことになります。

 

③ポートの状況

 

通常マンションタイプでは、光ファイバーの分配器が共有スペースに設置されているのですが、この分配器は8本までしかケーブルが挿せません。

 

もしもあなたの引越し先が9世帯目になると、住民が引越ししてすでに使われていない部屋のケーブルを抜くか、分配器を増やすなどの作業が必要になります。

 

こういう時には派遣工事が必要になってしまいますね。

 

 

その他NTT側の都合で派遣工事が必要になることもあります。

 

派遣工事の際に、屋内配線の工程の有無で以下のように価格も変わってくるのでご注意ください。

 

 

屋内配線の工程が必要な物件の場合、新規工事費15000円。
屋内配線の工程が必要ない物件の場合、新規工事費7600円。

 

 

 

 

ただ、派遣工事のメリットももちろんあり、複雑なルーターやモデムなどの機器の接続などをしっかりと最後までチェックしてもらえます。

 

そのため安心してネットライフを楽しむことができるので、一概に派遣工事は無駄ではありません。

 

ネット通信系に不慣れであれば、あえて有償工事の依頼をしてみても良いと思います。

 

 

 

 

フレッツ光の工事は遅い?

 

引っ越しをしてからフレッツ光の工事を予約してみると・・・工事は一か月先と言われたりします。

 

 

ネットを見ているとフレッツ光の工事が遅いというクレームが多く、特に3~5月、9~10月、12月は引っ越しシーズンでもあり、引っ越しと同時にインターネットをひくためにこの時期は混むそうです。

 

ですが、いくらなんでも一か月先ってちょっとひどいですよね?

 

そんなにも待てない事情の方もいると思います。

 

 

色々と調べてみると、おすすめなのはモバイルwifiといわれる無線ルーターのようで、結局フレッツ光は諦めてそちらに流れる人が多いようです。

 

有名なのはwimax2+だと思いますが、最近のはスピードもホームルータに負けないし、何しろ外でもネットが好きなだけ使えるようになるのが魅力です。

 

そして、一番大きいのは工事が一切不要なので、端末が届き次第即日から利用できてしまいます。

 

値段もBroadwimaxなどは月額約3400円で使い放題で、ホームルーターよりも安いですね。

 

どうしても工事が待てないで、急ぎでネット環境が必要な方にはおすすめかもしれません。

 

xn--wi-fi-tc4dwb64bsj3a.xyz

 

 

このサイトにモバイルwifiとは何かについて分かりやすく書かれています。

 

 

 

フレッツ光で学割のあるプロバイダは?

 

フレッツ光で学割のあるプロバイダについて調べてみました。

 

一昔前まではフレッツ光なども積極的に学割プランを出していましたが、最近はあまり見かけなくなりました。

 

2015年にNTT西日本が「どーんと学割」という学割プランを展開していましたが、2017年は残念ながらやっていないようです。

 

管理人の方でも色々と探してみたのですが、今のところ学割を全面的にうたっているのはGMOとくとくBBのwimaxぐらいで、フレッツ光のプロバイダでは見かけませんでした(見逃していたらごめんなさい)

 

公式サイト→GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,590円(税抜)~!

 

ただ、このGMOとくとくBBというプロバイダが展開している学割ですが、若干普通のキャンペーンよりもお得になるぐらいです(32,200→33,200円)。

 

 

 

 

学割自体はやっていないのですが、 高額なキャッシュバック自体は実施されています。

 

ドコモ光やau光、ソフトバンク光などは5万円前後の高額なキャッシュバックを実施しているので、学割ではないですが利用しない手はないですね。 

 

GMOとくとくBBのドコモ光

 

SoftBank光キャンペーン!新規も転用も高額キャッシュバックならここ

フレッツ光のインターネットが遅い

 

フレッツ光wi-fiのインターネットが遅い時の対処法について調べてみました。

 

①ブラウザのキャッシュを削除

ブラウザのキャッシュは一度見たサイトを記憶して次回表示を早くする機能ですが、これが溜まりすぎるとネットの表示が遅くなることがあります。

 

削除の仕方は、IEの場合は画面右上の歯車をクリック→インターネットオプション→全般→閲覧の履歴の「削除」を押す→上から二つ目の「インターネット一時ファイル」にチェックをつけて「削除」を押して終わり

 

②通信機器の再起動

無線ルーターを再起動しています。

 

あとモデムもルーターもコードがしっかりとささっているか確認します。

 

③有線LANケーブルをチェックする

 

有線LANケーブルにはカテゴリーがあって、以下のようにスペックが異なります。

 

5 → 100Mbps

5e、6、7 → 1Gbps

 

もしもカテゴリーが5だと遅いのでその場合は交換します。

 

IEEE802.11の規格をチェックする

 

無線の場合はルーターIEEE802.11規格をチェックします。

 

最新は「ac」なので「IEEE802.11ac」というものを買うと、6.9Gbpsまで速度が対応可能です。

 

 

これら4つのポイントを見直してみてください。

 

フレッツ光のインターネットが遅い状態から回復すると幸いです。

 

 

フレッツ光のキャッシュバック 

 

フレッツ光のキャッシュバックの額が2015年の春ごろから急に低くなってしまいました。

 

一昔前までは非常に額の大きなキャッシュバックで有名だったフレッツ光ですが、何が起こったのでしょうか。

 

 

調べてみたのですが、ダイヤル回線がまだまだ世の中のネット通信の担い手だった頃、光回線を普及させるためにNTTは代理店に手厚い報酬を渡していました。

 

ところが、2年前の4月から何が起こったかというと、NTTは光回線を他の会社にレンタルをさせる仕組みを作りました。

 

こうすることで契約金の回収をしなくても他の会社(プロバイダー)が代わりに行ってくれる仕組みを作ったんです。

 

こうすることでNTTはレンタル料をプロバイダーから徴収することができるようになり、また大きなキャッシュバックを渡していたのを打ち切ることでその分のコストを抑えることに成功しました。

 

この時期が2015年の4月だったんですね。そのため今はプロバイダの努力によってなんとかキャンペーンを売っていますが、それにも限界があり当時のようなインパクトのあるキャンペーンを打てていないようですね。

 

 

ただでさえ額の減ったキャッシュバックですが、プロバイダも素直にキャッシュバックを渡そうとしてくれていないので注意が必要です。

 

半年後にメールが来るからそこから申請する(期限付き)、などとても我々に優しいキャンペーンではないんですね。

 

そのため、キャッシュバックの取得条件については特にシビアになって聞いた方が良いです。

 

 

これだけ厳しくなったキャンペーン事情の中でも時には6万円(常時24000円)などの高額なプロモをしているのがソフトバンク光とです。

 

通信速度は非常に早く安定しているので人気ですが、このキャンペーンはさすがに大きく出ているのでいつ中止になるかは分かりません。

 

詳細は公式ページから確認してみてください。

 

ソフトバンク光公式ページ→ソフトバンク光